自分の中にバランスを見つける5つのヒント

自分の中にバランスを見つける5つのヒント
この記事は、総合栄養学者でありヨガ講師、伝統的な中国医学の実践者でもあるLeanne Gerich氏によるゲスト投稿です。

梅雨が近づき、夏に向けて季節が巡っている今、食生活を見つめ直して、もう少し体を動かしていきたいなと感じている方はいませんか?季節の変わり目に多少体重が増えたり減ったりするのは、人間が環境に順応するためには自然なことで、そのことで悩んだり落ち込んだりする方が不自然です。

本来、健康や健康的な暮らしは、ストレスではなく、私たちの暮らしに付加価値を与えてくれるものです。だから、もしあなたが今、自分のフィットネスの目標達成にストレスを感じていたら、少し立ち止まってその原因はどこにあるのかを考えてみましょう。自分の外見がよくなることよりも、リラックスできて心地よくいられることを目的にしてみるといいですよ。

大切なのはバランス

総合栄養学者、ヨガ講師、中国医学の実践者としての私の目標は、みなさんに自身の健康のバランスを理解してもらうことです。具体的には、自分がエネルギッシュで幸せだと感じることができる食事スタイルと、安全に怪我なく行える運動レベルを見つけることです。

私たちはとかく、長く続けられることよりも、今どこまでできるか、今どう見えるかにこだわってしまいがちです。でもそれはちょっと残念なことです。だって、私たちは健康で幸せに暮らすために、長い人生の旅を歩んでいるのですから。もし明日全てを終わりにしなければならないとしたら、あなたは今日の時点でどのくらい幸せだと言えるでしょうか?

この記事では、私がおすすめする精神的な満足が得られる健康目標のたて方のヒント・トップ5をご紹介します。 

1. 健康的に食べる

Eat for energy

総合栄養学でもっとも大切に考えていることは、シンプルさです。本物の食べものを食べようという考え方です。あまりにも多くの人がダイエット食品を利用しています。マクロ管理(身長・体重から摂取してよい3大栄養素の量を割り出し管理する方法)は大切なことですが、適切な栄養をバランスよく摂ることが一番大事だと思います。

ダイエット食品で体を「食べた気」にさせて空腹をやり過ごすよりも、きちんと食事をして自分の体に栄養を与えるという捉え方をしてみましょう。私たちの体は、私たちが思うよりも賢くできていて、しばらく本物の食べものを食べていないと頭痛や気分のムラ、体のだるさとなって現れてきます。食べものが私たちの体を作っているのですから、そのパワーは侮れないのです。

2. 運動以外の日常の活動をする

Practise non-exercise activity

毎日ジムで1時間汗を流す。素晴らしいです!多大な努力に拍手を送りたいと思います。一方で、運動とは別の日常的な活動もまた、リフレッシュ効果があります。例えば、徒歩や自転車で仕事場へ行ったり、空いた時間にポッドキャストを聴きながら散歩をすることは、運動効果はもちろんですが、それと同じくらい精神的な健康効果があります。

時々、ジムで頑張りすぎて、もうその日は他には何もできないくらいに疲れてしまう人を見ますが、これでは長く続けられそうにありません。運動と日常の活動とのバランスが大切です。 

3. 目標を確認する

Reevaluate goals

今のあなたの具体的な目標は何ですか?あと5キロ体重と落とすこと?5キロ体重を落とすと、体にはどんな変化がありそうですか?精神的な変化は?自分が本当に求めているものは何なのか考えてみましょう。体重が減ったら幸福度は増しますか?その幸せは長く続きますか?様々な問いが出てきそうです。

でもそこが大切なのです。私たちが何かをする時、その理由を自分で分かっていることは大切なことです。もしその理由が恐怖や不安から来るものだったら、自分に言ってあげてください。「そこから幸せは生まれて来ないよ」と。そういう時は目指すものを考え直して、達成したあかつきには精神的満足が得られるようなゴールを目指しましょう。

4. 全部まとめて楽しむ

Mix it up

ワークアウトもダイエットも、楽しんでやることです。計画と実行は大切ですが、バランスよくやるにはフレキシブルな自由さも大切。週に1日や2日くらい気ままに過ごしてもいいと思うんです。厳しく考えなくても、健康で活動的でいることは可能なのです。夏ですから;)

5. コミュニティをリードする

Lead your community

あなたの健康チャレンジに、あなたの友人や家族、仕事仲間を巻き込んでしまいましょう。自分のチャレンジを押し付けるのではなく、方法やプランを共有して、何か楽しいイベントを開いてみてもいいと思います。例えば、金曜のランチはお弁当持参で社外の公園でとか、休日は友人とハイキングへ繰り出すとか。大掛かりなことや面倒なことはなしにして、簡単で気を使わない、健康的なことで十分です。

自分だけでなく周囲にも刺激を与えながら、ハッピーでバランスの取れた夏を過ごせますように。

 

Leanne Gerichについてもっと知りたい!👉 Instagram / Facebook / YouTube

 

こちらもおすすめ

続きを読む
ガイド

自分に最適なショーツを見つけよう

続きを読む
グリーン&エコ

パッシブハウスってどんな家? ー 環境に寄り添うエコハウス

続きを読む
ライフスタイル

快適な夏をベビーと過ごすためのヒント

続きを読む
グリーン&エコ

プラスチック汚染を避ける17のヒント

続きを読む
ライフスタイル

自分の中にバランスを見つける5つのヒント