1日を心地よくするモーニングルーティン

1日を心地よくするモーニングルーティン

アーユルヴェーダでは、舌を見るとその人の健康状態が分かると言われています。舌を観察したときに粘り気のある白い舌苔が溜まっていたら、消化力が弱まっているサインです。オイルうがいはデトックス効果だけでなく、アンチエイジングもあると言われています。オイル自体の作用や、うがいで表情筋が使われるため、ハリツヤが出て、ほうれい線のケアとなり、嬉しいことづくしです!
目には見えないホルモンバランスと向き合いながら生活する女性たち 読む 1日を心地よくするモーニングルーティン 1 分

こんにちは。永田舞美です。

今回は、アーユルヴェーダで伝えられている「朝の習慣」についてお話をしていきます。

みなさんは、1日をどのように過ごしていますか。アーユルヴェーダでは、「ディナチャリア」という、理想的な1日の過ごし方があります。朝・昼・晩それぞれの時間帯によって性質があり、自然のリズムに合わせた過ごし方をすることで、身体と心のバランスを保てると考えられています。

太陽が昇ったら起き、月が出たら寝る、というあたりまえに繰り返される自然の流れですが、みなさんからお話を聞いていると、朝スッキリ起きれなかったり、夜になっても中々寝付けない、など日常の中で悩んでいる人は少なくありません。「私たちも自然の一部」と考えるアーユルヴェーダでは、自然のリズムから外れて日々を過ごしていくと、心身ともに不調をもたらしてしまうと言われています。



“朝を制するものは、1日を制す”

こんな言葉があるように、アーユルヴェーダでも朝の過ごし方をとても大切にしています。朝はデトックスに適した時間帯で、ディナチャリアの中でも、特に朝におすすめのケアがたくさんあるのです。第一回目のコラムの「白湯を飲む」こともディナチャリアの一つなのですが、それに加えて、今回は2つのデトックスケアをご紹介していきます。取り入れていくと、身体が軽やかになったり、心が穏やかになって、生活の質が向上していくのを感じていただけるかと思います。

朝一番、舌磨きで毒素を出す!


みなさんは舌の状態をチェックしたことがありますか?もし、意識したことがない人は、ちょっと鏡で観察をしてみてください。どんな色をしていますか?


アーユルヴェーダでは、舌を見るとその人の健康状態が分かると言われています。舌を観察したときに粘り気のある白い舌苔が溜まっていたら、消化力が弱まっているサインです。昨日までに食べたものが、寝ている間に消化・吸収・代謝を繰り返し、栄養素と毒素とに分けられます。きちんと消化されずに、体内に残った毒素は「未消化物(アーマ)」として、翌朝に舌の上に現れるのです。特に、遅い時間の夕食やアルコール、重たい食事などをしたときは、普段よりも多く舌苔が溜まっていることがあります。そんなときは、その日の食事は消化にいいものを意識して、日々を過ごしながら消化力を整えていきましょう。

普段と同じものを食べていたとしても、舌苔が現れることもあります。消化力は、一年中同じではなく、季節や体調、マインドの状態、最近の予定など、その時々の自分自身の状態から影響を受けているのです。舌苔があったら、自分自身を振り返るきっかけにしてみてください。


【HOW TO】

・舌にタングスクレイパーをあてて、上から下へ優しく削ぎ落とす。

・目安は3~7回

・スプーンで代用OK!窪みの部分を舌に沿わせ削ぎ落とす。

※歯ブラシでは絶対しないこと!

不調も美容もケアするオイルうがい

舌磨きが終わったら、オイルうがいです。舌磨きでは取り除ききれない毒素を、オイルの力を使ってクリーンにしていきます。オイルの重たい性質が、舌苔や口内の細菌などを絡め、スッキリと洗い流してくれます。最初はどろどろとしていますが、唾液の消化酵素の力で、次第にサラサラと変化していきます。

オイルのどろっとした感覚に驚く人もいるかもしれませんが、続けていくうちに、オイルうがいをした後のスッキリさや、歯がツルツルになる感覚に虜になる人は多いです。歯周病や虫歯、口臭などあらゆる口内トラブルのケアとなり、味覚までも整えてくれるのです。

さらに、オイルうがいはデトックス効果だけでなく、アンチエイジングもあると言われています。オイル自体の作用や、うがいで表情筋が使われるため、ハリツヤが出て、ほうれい線のケアとなり、嬉しいことづくしです!

【HOW TO】

①太白ごま油大さじ2杯を口に含み、5〜10分間クチュクチュとうがいをする。

②サラサラとしてきたら、ティッシュに吐き出す。

③ぬるま湯でうがいをする。

※オイルは、太白ごま油を100度まで加熱処理したものを使います。一度作れば、保存瓶で保管が可能です。

朝は身体からさまざまなサインが出ています。前日に溜まった毒素を出し、自分自身をクリアにしていくと、身体も心も軽やかになっていきます。消化力が弱まっていると、心にも影響を与えると前回お話をさせていただきましたが、この毒素の蓄積が調子を狂わせていくので、いつでもクリーンにしておきたいですよね。

アーユルヴェーダのデトックス法を毎朝続けていくと、毎日自分自身を観察する時間が作られるので、”昨日と今日の自分”、”いま自分にとって必要なことは何か”など、「気づく力」「自分をケアする力」もついてきます。単に、身体のケアだけではないのがアーユルヴェーダです。


「朝起きて、まずデトックスする。」

ここちよい自分で1日を過ごしていくために、朝の習慣を始めてみませんか?

次回は、身体も心も内側から満たすオイルマッサージについて、お話をしていきます。