竹布のショーツは通気性が良い ムレの原因や対策、無地でシンプルなショーツをご紹介

竹布のショーツは通気性が良い ムレの原因や対策、無地でシンプルなショーツをご紹介

毎日履くものにはこだわりたい方は多いはず。しかし、デザインを気にするあまりに、着心地の良さを忘れていませんか?

どれだけゴージャスに彩っても、「下着でムレてしまう…」ことがあっては、快適な毎日は送れません。ムレの原因や対策を知ることはとても大切です。

こちらでは、飽きのこないシンプルなデザイン、通気性に優れている竹布を使ったインナーウェアを取り扱っている、Boody の竹布ショーツをご紹介いたします。シルクのような極上の肌触りを、ぜひ体感してみてください。

下着でムレてしまう原因と対策 通気性の優れているショーツを選ぼう

下着の中は、とてもデリケートで汗をかきやすい部分です。特に、暑い夏などはいつも以上にムレてかゆくなってしまうもの。

下着の中のムレは、肌トラブルにつながってしまうので、ムレないようにすることが大切です。下着でムレてしまう原因と対策をご紹介します。

下着でムレてしまう原因

お風呂に入って体を洗っていないなど、不衛生な状況はムレを悪化させます。また、肌に密着したデザインや、小さい、きつい、締め付けが強い下着もムレの原因に。さらに、化学繊維の下着は、摩擦や静電気が起こりやすく通気性も悪いので、ムレやすくなってしまいます。

下着のムレ対策

まず、汚れ・汗をかいた肌はきれいに洗って、清潔に保つことが重要です。また、締め付け感の少ない、ゆったりとしたデザイン、肌への刺激が少ないショーツを選びましょう。通気性に優れている、竹布などの天然素材の下着は、汗や湿気を逃がしてくれるのでおすすめです。肌触りの良い、肌にやさしい生地のショーツを選びましょう。

ショーツの種類

種類が豊富なショーツ。ファッション・デザイン性を大切にされる方から、履きごこちや機能性を重視する方まで、選び方は人によって様々です。ショーツの種類を知って、自分に合う一枚を見つけましょう。

ショーツのデザイン

ジャストウエスト ウエスト丈が深め
ビキニ ウエスト丈が普通
ローライズ ウエスト丈が浅め
ノーマルレッグ 裾が脚の付け根に沿ってカット
ハイレッグ 脚の付け根より高い位置でカット
ボーイズレングス 裾がヒップの下で水平にカット

ショーツの機能

ソング、Tバック ヒップ部分を覆わないタイプのショーツ
サニタリーショーツ 生理中も快適に安心して過ごせるように工夫されたショーツ
サポートショーツ フィット性やサポート機能があるタイプのショーツ
ウールのパンツ、オーバーパンツ 防寒対策・重ね履き用に設計された、ショーツの上に履くパンツ

ショーツのデザインや機能はもちろん、素材などにも注目して選びましょう。

竹布を使ったレディースショーツをご紹介

黒いフルブリーフを履いた女性

Boody のビキニ、ブリーフ、ボクサーは、締め付け感が少ないのが特徴です。竹素材の生地を使用しているので通気性が良く、かぶれづらいショーツです。

人気商品、ハイウエストの「フルブリーフ」は、お腹とヒップをしっかり包み込んでくれるので、冷え対策としてもおすすめ。シンプルで、他のブラとも合わせやすいデザインです。

オーソドックスなものがお好みの方には、「クラシック ビキニ」や「ミディブリーフ」。

パンツスタイルが多い方には、下着のラインがアウターに出づらい「ボーイレッグブリーフ」や「Gストリング」がおすすめ。また、「ヒップスタービキニ」は履きこみが浅いので、ローライズジーンズとの相性抜群です。

「Gストリング」が気になるけど、履くことに少し抵抗がある方には、セクシーさとフィット感を両立させた「ブラジリアンビキニ」がおすすめ。他社の商品と比べると、後ろのウエスト部分の布を多めにとっていて、安定したはき心地が特徴です。

ヒップは脚の延長。大胆なカットのブラジリアンビキニでヒップを出すほど脚は長く、ヒップは小さく見せることができます。Boodyのインナーは、無地でシンプルなデザイン。コーデがしやすいので、飽きることなく快適に履き続けられます。

無地でシンプルなデザイン 通気性に優れた竹素材の生地

下着の中がムレて不快な思いをしないためにも、履きごこちがよく通気性にも優れた竹布ショーツを選びましょう。デザインや機能など、様々な種類のショーツの中から、自分に合うショーツをお選びください。

こちらもおすすめ

続きを読む
ガイド

乳がんセルフチェックをしよう

続きを読む
グリーン&エコ

9月18日「世界竹の日」・人と地球にやさしい10の恵み

続きを読む
グリーン&エコ

TOKYO 2020が示す持続可能な社会

続きを読む
ガイド

メンズが竹布のウェアを着るべき5つの理由

続きを読む
ガイド

自分に最適なショーツを見つけよう