竹布のキャミソールや薄手のインナーなどのお手入れ方法

竹布のキャミソールや薄手のインナーなどのお手入れ方法

やさしい風合いで、とても繊細な竹布。Tシャツやキャミソールなどを購入していただいた際、竹布の良さを損なわないためにも、洗濯や干し方などの注意点やポイントをご紹介しております。

漂白剤や柔軟剤の使用可否や、乾燥機やアイロンがけの有無、保管時の防虫剤の必要性など、細かく記載されていますので、ぜひ参考にしてみてください。BoodyのTシャツやキャミソール(薄手)、インナーウェアをいつまでも長くご愛用ください。

竹布製品・薄手のインナーやキャミソールなどのお手入れ方法 洗濯編

手洗いの風景

竹繊維は、濡れたときに弱くなるので、洗濯時には注意が必要です。薄手のインナーやキャミソールなどを強く引っぱったりしぼったりせず、やさしく扱うことが大切です。

基本は手洗い、洗濯機を使用する場合は洗濯ネットを

竹布は繊細のため、手洗いがおすすめです。洗濯機を使用する場合は、洗濯ネットを使用しましょう。

漂白剤や蛍光増白剤入りの洗剤は使用しない

竹布の風合いを損ね、劣化を早めてしまうので、漂白剤などの使用は控えましょう。できれば、環境保護のためにも生分解性の洗剤を使用するか、竹繊維を傷めない弱アルカリ性の洗剤を選ぶようにしましょう。

柔軟剤は必要ない

油が主原料の柔軟剤を使用すると、竹布の特性である「吸水性」がダウンしてしまいます。竹布はもともと柔らかな肌触りなので必要ありません。

ホックやファスナーなどが付いているもの、色柄物の衣類とは別で洗う

竹布のパイルに引っ掛からないように、ホックやファスナーなどが付いている衣類とは別で洗いましょう。また、色移りしないためにも、色柄物の衣類とは別で洗うことが大切です。

つけ置き洗いに注意

濡れた状態の竹布は繊細なため、長時間のつけ置きはせず、洗濯後はなるべく早く干すようにしましょう。

高温での乾燥機やアイロンは控えめに

竹繊維に負担がかからないように、高温での乾燥機やアイロンは控えましょう。使用する場合は、低温設定で。

竹布製品のお手入れ方法 干し方・保管編

白と青の洗濯ばさみ

竹布製品・薄手のインナーやキャミソールなどを洗ったあとは、なるべく早く干すようにしましょう。

やさしく「パンッ」と空気を含ませて、形を整えてから干す

やさしく軽めに振って空気を含ませると、パイルが立ち上がってふんわり仕上がります。また、縮まないように、やさしく伸ばして形を整えてから干しましょう。

基本は陰干し

風通しの良い日陰で干すことをおすすめします。

防虫剤は必要ない

普通の洋服と同じようにたたんで大丈夫です。保管する際も、防虫剤などは特に必要ありません。

キャミソールやインナーウェアなどいつまでも長くご愛用を

お気に入りのTシャツやキャミソール、インナーウェアをいつまでも長く使い続けてもらうために、お手入れ方法などを詳しくご案内いたしました。洗濯時の注意点やポイント、干し方や保管方法など、ポイントを押さえるだけで、より長くお使いいただけますので、参考になさってください。

Boody Bamboo Ecowearは、人や地球にやさしく、環境と社会に配慮する「サステナブルファッション」をいつまでも長く提供してまいります。

こちらもおすすめ

続きを読む
ガイド

Boodyラウンジ コレクション -持続可能なルームウェア

続きを読む
ガイド

Boody Loungeコレクションが生まれるまで

続きを読む
ガイド

竹布のキャミソールや薄手のインナーなどのお手入れ方法

続きを読む
ガイド

竹布キャミソールや肌着の丈に関するQ&A 敏感肌も安心の竹繊維の扱い方

続きを読む
ガイド

竹布のTシャツやルームウェアの選び方 サイズ・Vネックや長袖などのデザインから選ぶ