下着ってどのくらいの頻度で買い替えるものなの?

下着ってどのくらいの頻度で買い替えるものなの?

下着ってどういうタイミングで買い替えていますか?毎日着るたびに洗濯しているから、下着は常に引き出しの中でローテーションされて、いつでも清潔に使える状態でスタンバイしていますよね。

でも違うんです。グッド ハウスキーピング協会(GHI)によると、着るたびに洗濯している清潔な下着でも、最大10,000個の生きた細菌が付着しているのです。気持ち悪い!

本当のところ、下着はどのくらい長持ちするものなので、いつ買い替えたらいいのでしょう。

下着を買い替えることについて

How long to keep underwear

GHIの調査に基づけば、衛生上は毎年下着を新調するのが理想です。下着に付着している細菌が引き起こす尿路感染や真菌感染、アレルギーのリスクを減らすことにつながります。

下着は着るたびに、できれば温水で洗うのがよいのですが、イギリスの大手クリーニング会社のベックマン博士による調査では、たった大さじ2杯の洗濯水の中には最大100万個の細菌が潜んでいることが分かりました。今すぐに家にもどって、引き出しの中の古い下着を燃やしてしまいたくなりましたか?

はい、ちょっと飛躍しすぎたかもしれません。決して放火をお勧めしたかったわけではないんです。ただ、下着を買い替えることについて一緒に考えてもらえたらと思っています。

下着と布巾は分けて洗いましょう

Wash your tea towels separately

ちょっとした習慣が細菌の増殖を助けているもので、日々何気なしに繰り返している習慣が、実は不潔な習慣になってしまっているかもしれません。下着そのものだけではなく、下着と一緒に洗濯機に放り込むものにも気をつけましょう。GHIの調査では、使用済みの布巾の9割に大腸菌が付着していることが分かりました。

これらの厄介な細菌を避けるために、下着と布巾は分けて洗濯するほうがいいでしょう。GHIのガイドラインによると、下着は毎日取り換え、スリープウェア(寝間着)は三日おきに、寝具のシーツ類は週に一度交換したほうがいいとアドバイスしています。そして、殺菌効果を高めるために、できれば温水での洗濯がおすすめです。

また、枕の本体も三か月~半年に一度は洗って、羽毛布団は二年に一度丸洗いするのがおすすめです。洗濯が面倒な方、ぜひ覚えておいてくださいね。

洗濯機のメンテナンスも大切です

定期的に温水で洗濯するのが、下着やその他のアイテムを殺菌して、感染症やアレルギーの原因となる細菌やダニなどの厄介なものを取り去ってくれるカギであると分かりました。では、洗濯機自体はどうでしょう。ちゃんとその役目を果たしているのでしょうか。

GHIによると、残念ながら多くの場合でそうでもないようです。
以下は、洗濯の効果を最大限にするためのヒントです。

 1. 洗剤投入口を拭いて、石鹸カスが溜まらないようにしましょう。
          数か月に一度お湯を使って掃除すれば完ぺきです。

 2. 月に一回お湯を使って空で洗濯機を回し、槽内のカビや細菌を洗い流しましょう。
          洗濯メニューに槽洗浄モードがあれば活用してくださいね。

 3. 時々、排水フィルターを確認して、付着しているゴミを取り除きましょう。
          汚れ具合に驚くはずです。

 4. カビや細菌の繁殖を防ぐには、希釈した漂白剤や酢でゴムシール部分を掃除します。

     

    洗濯方法や洗濯機のメンテナンスに気をつけて、年に一度下着の引き出しの中をチェックして、買い替え時期の迫った下着はないか確認すれば、言うことなしですね。

    どんな下着を選べばいい?

    Choose the right fabric

    下着を清潔で衛生的な状態でキープするために、時期をみて定期的に買い替えることが大切ですが、まず正しい下着を身に着けることも大切です。ある素材の生地が自然由来の力で下着を細菌から守ることができるのをご存じですか?竹などの天然繊維は、抗菌性と通気性にすぐれており、下着が細菌で汚染されるのを防ぐ効果があります。

    他の天然繊維や合成繊維ではなく、竹布を選ぶことにはたくさんのメリットがあるのですが、まずはご自身で竹布を身に着けて実感していただくことが一番です。すべてのコレクションが、オーガニックの竹を原料に作られた竹布でできているBoodyの下着からお試しいただくのが一番おすすめです。Boodyの快適コレクションをぜひご覧ください。

     

    ウィメンズアイテムをみる

    メンズアイテムをみる

     

    こちらもおすすめ

    続きを読む
    ガイド

    自分に最適なショーツを見つけよう

    続きを読む
    グリーン&エコ

    パッシブハウスってどんな家? ー 環境に寄り添うエコハウス

    続きを読む
    ライフスタイル

    快適な夏をベビーと過ごすためのヒント

    続きを読む
    グリーン&エコ

    プラスチック汚染を避ける17のヒント

    続きを読む
    ライフスタイル

    自分の中にバランスを見つける5つのヒント