今年のクリスマスはサステナブルに

今年のクリスマスはサステナブルに

今年ももうすぐやってくるクリスマス! クリスマスから続く年末年始の休暇シーズンが近づいてきました。今年は例年以上に、自分とつながる周囲の人に感謝の気持ちを持つ人も多いのでは? 楽しいホリデーシーズン。クリスマスや年末年始に贈りものをすることはこのシーズンの大きな関心ごとの一つですが、反面、環境にとっては負荷のかかることでもあります。贈りものに使われる包装紙や袋、飾り、そして大量に廃棄される食べもの。オーストラリアの場合、この時期に家庭から出るゴミは、他の時期に比べて約30%増えることが分かっています。日本では、東京23区の場合、可燃ごみの集荷量が年間で一番少ない2月に比べると、12月は約25%増となっています(調査:東京二十三区清掃一部事務組合「区収可燃ごみ年度別月別推移」)。 Boodyでは、日々の活動はサステナブル(持続可能)であることを心がけています。だから今年も、ホワイトクリスマスならぬ、ホワイト グリーン クリスマスを心待ちにしています。皆さんも一緒に、今日ご紹介する簡単なアイデアで、この楽しいホリデーシーズンをエコでサステナブルなものにしてみませんか? ギフト包装を工夫しよう きれいで素敵に包装された贈りものは開ける時もワクワクしますよね。でも、ラッピングに使われる包装紙やプラスチック袋は、大量のゴミの原因となります。もし、これらを次のものに代用できたら、環境へのインパクトを抑えることができます。  1.   プレゼントをリサイクル紙や新聞紙で包む。外国の新聞を使えばおしゃれな雰囲気に。2.   素敵な柄の風呂敷で包んで、風呂敷ごとプレゼントする。3.   家にある空いているクッキー缶や紙袋をプレゼントの入れものに再利用する。通販で届いたBoodyボックスを使っても◎。 DIYデコレーションに挑戦 手作りのサステナブルなクリスマスデコレーションもとっても素敵です。Boodyがお勧めするアイデアは、 1.  布や折り紙、余っている紙を使って木の形にしたクリスマスツリー。2.  庭や公園でとれた植物で作ったドライフラワーや、つた、小枝、木の実を使ったリース。3.  紐通し用の穴を開けたシナモンクッキーやジンジャーブレッドクッキーを焼いて、クリスマスツリーのオーナメントに。1800年代初期にドイツで始まった習慣なんですよ。 生木のクリスマスツリー🎄 生木のクリスマスツリーは木の香りが楽しめるだけでなく、シーズン後にリサイクルすることができます。地元の園芸店や農家で調達し、できればシーズン後に回収して、腐葉土などとして再利用してもらえるところがベストです。 食べることにも心配りを ホリデーシーズンだからといって無駄な消費はしたくないものです。 1.   クリスマスや年末年始の料理のための食材は、足りないことを心配して多めに買うのではなく、予め把握した参加する人数分を用意しましょう。 2.   余ってしまった料理もリメイクで活用。グラタンの具材にしたり、卵でとじてオムレツにすれば美味しくいただけます。 一つ一つのことはちょっとした心がけですが、環境へのインパクトを抑える工夫はやるのとやらないのとでは大きな差が生まれます。@boodyjapanをタグ付けして、ぜひ、あなたの「サステナブル クリスマス」や「サステナブル 新年」をシェアしてください。 素敵なサステナブル ギフトはないかなって?ここにありますよ!🎄 女性へのクリスマスギフト 🎄 男性へのクリスマスギフト 🎄 ベビー用クリスマスギフト  
クリエイティブになる5つの方法  - エリザベス・ギルバート

クリエイティブになる5つの方法  - エリザベス・ギルバート

「クリエイティブ(創造的)になる方法」を知っているかと問われると、きっと私たちの多くは、そういったことは自分の守備範囲外かとても無理なことだと思って答えに詰まってしまうでしょう。でも実は、クリエイティブになれる可能性は誰しもが自身の中に持っていて、まるで発見されるのを待つ宝石のように隠れているということに私たちは気づいていないだけなのです。 エリザベス・ギルバートの著書「BIG MAGIC - 夢中になることからはじめよう」(原題:BIG MAGIC - Creative Living Beyond Fear)は、創造性にまつわる誤解や、小さく纏まりたい私たちの心理をあぶり出しています。 エリザベスと言えば、代表作の「食べて、祈って、恋をして」は、2010年にジュリア・ロバーツ主演で映画化されたことでも有名です。今日は、その勇気と元気をもらえる、それでいてユーモラスな文章から、クリエイティブに生きることの楽しさと、一歩進んで殻を破るためのヒントをもらいたいと思います。 1. 私たちは創造性を持って生まれてきました!自身の中にある子どもの部分を育てて、心地いいと感じることをしましょう。 子どもの頃に楽しいと思ってやっていたことを思い出してみてください。なぜ今はそれを止めてしまったのでしょう。いつまでもこんなことをしていてはダメだという恐怖心からですか?大人から「そんなの無理だよ」と言われたからですか?それとも、自分には創造性がないと感じたり、誰かからの批判があったからですか?恥ずかしさから、それまで楽しく取り組んでいたことを止めてしまったのはいつだったのでしょう。今あなたは、子どもが楽しく取り組んでいることを止めさせることができますか?子どもというのは、好奇心にしたがって突き進み、答えを見つけようとするものです。今こそあの時のあなたの好奇心と、持って生まれた才能を取り戻すために、あなたの心の声に耳を傾ける時です。文章を書くこと、絵を描くこと、ゲームに夢中になること、スケートボードに明け暮れること、料理を楽しむこと。若い時に楽しんだことをまた楽しみましょう。 2. 恐怖心や拒絶はどこから来るのか 創造性には、愛と恐怖が不思議に混ざり合っています。世界中の多くの人が、恐怖心から本当にやりたいことを諦めてしまっているのはとても残念なことです。周囲からどう思われるかを気にしたり、周りをがっかりさせてしまうのではないかと心配したり、恥ずかしいと思ったり、失敗するかもしれないと恐れたりすることです。何かを成し遂げようとする時は、転んでも立ち上がり、恥ずかしがらずにまた続けることが欠かせません。最も大切なのは、あなたが何かをする時に恐怖心を抱く場合、とかくそれはあなたにとって何か意味があって、やり遂げなければならないことを示すサインになっているのです。あなたに、自身の殻を破って粘り強くなることを教えてくれているのです。同じことは拒絶にも当てはまります。拒絶されるということは、あなたは出来が悪くて、あなたにはそれをする価値がないからではありません。意味するところは、他の方法でやった方がいいかもしれないとか、もう少し工夫を加えた方がいいということなのです。だから、物ごとがうまく行かない時は、どうすればいいんだと考えこまず、なぜそうなるのかを考えて原因を修正しましょう。これを実践していくと、あなたの創造性は恐怖心を乗り越えて、広大な無限の世界へと拡がっていくのです。 3. 創造的になれる特定のタイプはない 創造性というのは、資格や学歴や賞などから得られるものではなく、芸術を専門とした職業だけに関係するものでもありません。特定の職業や学問に限られたものではないのです。  “ 恐怖によってではなく、好奇心によって突き動かされる人生を送ることです。 ” - エリザベス・ギルバート あなた自身の人生や日常の生活から教わりましょう。出会った人から聞く話や、あなた自身が経験したことがあなたを変えてくれるかもしれません。何かを試してみようという勇気は、あなたの心を広くし、自身を振り返り、自分というものを分析することで人生は豊かになります。必ずしも全ての人が生涯を通して一途な情熱を持ち続けるわけではなく、目標や目的までの道のりが平坦であるとも限りません。また、好奇心を持ったものを追い求めることにならなかったとしても、そこから得たものは次の新たな好奇心への導きになることもあります。ヒントを得ながら、自分が歩む道を信じて進みましょう。 4. 恐れずに、生まれてくる結果に目を向けよう 作家のマーク・マンソンは、すべての物ごとには何らかの犠牲や不快なことが伴うと言っています。創造性を発揮することに打ち込む時は、同時にあまり面白いと思えないことに対しても寛容になる必要があります。だから、難しそうなことや、一見向いてなさそうなことにもチャレンジしようという気持ちがなければ、もうそこで物ごとをつまらなくしてしまうのです。私たちは自分の求めるものに付いてくるあらゆる結果を受け入れる余裕を持っておくことが大切です。本を出せば批判を受ける心の準備も必要です。一枚の写真を見ながらその風景画を描く時、何度も修正や微調整を加える手間がかかります。ハーブガーデンを造る時は、手が汚れるし頻繁な手入れも必要です。創造性を発揮する時に付いて回るすべてのことに寛容になる時、あなたは大きく前進するのです。 5. 「期待される」という言葉は忘れて、許可されるのを待つことをやめよう あなたが何かする時は、他人を喜ばせるためや、彼らのニーズに応えるためではありません。あなたは自分自身のためにそれをして、その過程や結果によって他の人も喜ぶのです。今までいくつのアイデアを、他の人からの後押しを待って閉じ込めたままにしてきましたか? 周囲からどう思われるかが気になって実行しないままにしてきましたか? または「家族がいて忙しいから」とか「時間がないんだよ」という理由で後回しにしてはいませんか? ”創造性は私たちみんなの中にあり、表現されるべきであり、それは利己的でもクレイジーでも愚かでもありません。それは、満ち足りた人生を送るための最良の方法なのです。”  - エリザベス・ギルバート 創造的であることは心地いいことと思っていただけましたか? そうであれば、とても嬉しいです。一緒に創造性から生まれる魔法を楽しみましょう!  
冬のレイヤースタイルをマスターしよう

冬のレイヤースタイルをマスターしよう

だいぶ気温が下がる日も出てきたところで、レイヤードスタイルが楽しめる季節になりました。重ね着とひと口に言っても、お気に入りのニットやコートを羽織るだけじゃ物足りない。秋冬のレイヤードスタイルをもっと思いっきり楽しみたくはないですか? 寒い季節を心地よい暖かさで過ごすなら、やわらかな肌ざわりで通気性のよいインナーが欠かせません。タンクトップやキャミ、スリップなど、Boodyの軽い着ごこちで吸湿性にすぐれた竹由来のインナーが、寒い季節のワードローブをサポートするのにおすすめです。  レイヤードスタイルってなに? 寒い季節に、暖かくするために重ね着をするレイヤードスタイル。それぞれのアイテムの魅力を引き出しながら全体のコーディネートを整え、かつ暖かくいられるファッションテクニックです。 レイヤードスタイルは、まずは素肌に直接着るインナーから始まり、外側に着るアウターレイヤーがあります。天候や寒さに応じて、重ね着する枚数を加減します。重ねすぎてゴーストバスターズに出てくるマシュマロマンのように見えないように注意しましょうね。 レイヤードスタイルの着こなし方 基本的な重ね着は、軽くて薄い衣類に重量感や厚みのある衣類を重ねます。そうすることで、より通気性のいい軽い着ごこちのウェアが肌に触れ、よりしっかりとした厚みのあるウェアが外的なものからあなたを守ってくれます。 重ね着のいいところはなんと言っても、脱ぎ着が簡単にできること。暑いと感じれば一枚脱ぐだけです。断熱性や保温性のあるアウターを選び、スカーフなどのアクセサリーで微調節すれば完ぺきです。 Boodyがレイヤードスタイルをすすめる理由 毎日必要なアイテムをBoodyは、オーガニックバンブー(有機栽培の竹)を原料にして作っています。竹由来のやわらかな肌ざわりと通気性、軽い着ごこちが楽しめる竹布のインナーです。ニットや他のアウターの下に着るのに便利なアイテムばかり。 重ね着をする際に竹布のウェアを選ぶことの最大のメリットは、温度調節機能があることです。寒い冬の間も竹布が体温を保温して、暖かに保ってくれます。 インナーは肌ざわりのやわらかなものがいい そろそろ冬のワードローブに切り替える準備はできてきましたか?Boodyのおすすめインナーでこれから春まで活躍する基本のインナーをカバーしましょう。 ロングスリーブトップ どんなスタイルにも使える万能インナーがロングスリーブトップ。流れるようなシルエットが上半身をやさしく包み込みます。スキニージーンズと合わせて、ゆったりニットのインナーにどうぞ。 キャミボディスーツ 雲のようにふんわりとやわらかで、まるでもう一枚の肌のような肌ざわりのキャミボディスーツ。やさしく肌に寄り添ってフィットします。メリノウールのセーターのインナーに着て、パンツとブーツ、アウターにはロングコートを羽織るスタイルはいかが? キャミトップ まるでやさしくハグされているかのような着ごこちのキャミトップ。程よいフィット感で寒さを和らげてくれます。合わせるトップスを選ばないから、どんなタイプのトップスも、インナーはキャミトップにすれば間違いなし。 エブリデイスリップ ぜひインナーに取り入れたいアイテム、エブリデイスリップ。シンプルで飽きのこないデザインで長く愛用できる優れもの。通気性のよい竹布のスリップで、程よい厚みもあるのでレイヤースタイルのインナーはもちろん、トップスとしても活用できます。 クルーネックTシャツ あなたが一生懸命だから、私たちも真剣にこのクルーネックTシャツを作りました。雲のようにふんわりとやわらかな肌ざわりと通気性が快適な着ごこちを生み出すこのTシャツは、あらゆるアウターと合わせられるマストアイテム。ややスリムフィットなスタイルだから、レイヤースタイルもすっきりとした印象に。 タンクトップ カジュアルでクールな印象のタンクトップ。しなやかな伸縮性で肌にやさしく寄り添う感じが心地いいアイテムです。ニットやスウェットのインナーとして相性がいいので、すぐにワードローブの定番アイテムになりますよ。 フリンジスカーフ レイヤースタイルの仕上げに小物を加えるなら、フリンジスカーフがおすすめ。オーガニックバンブーが原料の竹ビスコース繊維を100%使って作られたフリンジスカーフは、肌寒い日の首もとをふんわりと包みます。シルクのような質感と軽さは使い勝手がいいから、季節を問わず使いたいアイテムです。 ブーツソックス  最後にご紹介するアイテムは、ブーツソックス。程よい厚みのやわらかな竹由来の生地が足をやさしく包みこむ快適ソックス。自宅ではもちろん、お出かけ時にブーツやレザーシューズと合わせると相性抜群です。ふんわりした肌ざわりがくせになりそう。    
ミニマリズムってなに? ー シンプルライフが心地いい

ミニマリズムってなに? ー シンプルライフが心地いい

「ミニマリズム」ということばを聞いた時、何を思い浮かべますか?物を捨て去り、最低限の物しか置いていないがらんとした部屋に住んでいる人でしょうか。それともジョシュア・ベッカーさんやこんまりメソッドの近藤麻理恵さんのように、シンプルなライフスタイルを提案するミニマリストでしょうか。 もしあたながミニマリズムに馴染みがない場合のために、ミニマリズムとは、物を捨て去り、禅の境地で静かに過ごすことではないことをお話ししたいと思います。ミニマリズムとは実際にはどういったもので、ほんの少しの変化を加えるだけで簡単にあなたの日常に取り入れることができることをご紹介します。 ミニマリズムってなに? 基本的には、ミニマリズムとは自分が心地よくいられる物や事に注力するために、日々の生活をシンプルにしようとする考え方です。これらには、物を減らし、自給自足を目指し、すでに手にしているものに満足することが含まれています。 では、人々がミニマリズムをライフスタイルに取り入れるのはなぜなのでしょう。理由はそれぞれ色々あると思いますが、一つは、より良い仕事と生活のバランスを作り出し、家族やパートナーなど自分の大切な人たちと質の高い時間を過ごすことかもしれません。または、経済的な縛りから開放されて、ストレスを減らすためかもしれません。または、消費型のライフスタイルに見切りをつけ、できるだけ気持ちの良い生活を送るためかもしれません。 理由は何にせよ、ミニマリズムは、日々忙しく、テクノロジーを追求する現代社会では、ますます魅力的な生き方になりつつあります。ミニマリズムに本腰を入れるもよし、少し試してみるもよし、ぜひこちらの記事を参考になさってください。 ミニマリストライフを送る方法 何においても同じだと思いますが、もしミニマリストライフを送るために面倒なルールがあったら、やる気を削がれてしまいますよね。でも心配しないでください。ここは決めつけのないゾーンです。あなたがミニマリストライフへのどの段階であっても、私たちがあなたのライフスタイルをよりシンプルにするちょっとしたヒントをお教えします。ここでご紹介するヒントを採用しないのも自由、少しだけ取り入れてみるのも自由、全部やってしまうのももちろん自由なのです。そこで訪れるあなた自身の変化にぜひ注目してみてください。 持ちものはシンプルに 「でもやっぱり物を減らすのは嫌だな」と思っても、ちょっとだけ話を聞いていただけたら嬉しいです。 ここでは、物を捨てることをお勧めしているのではなく(実際に私たちは、どうしても必要な時でない限り、簡単に物を捨てることをお勧めしません)、今あなたが持っている物を見直して、それぞれの物があなたにとってどのくらいの価値があるのかを考えてみようということです。 例えば、着るものを見てみましょう。数年前に流行ったデザインの服は、今後また着るかもしれないし、着ないかもしれません。お買い得になっていたので衝動買いしたものの、ほとんど履いていない靴はどうでしょう。一度履いてはみたけど、履きごこちがいまいちだと分かり、クローゼットの中でほこりをかぶっていたりはしませんか?ワードローブはできるだけシンプルにして、時を経ても廃れることのないデザインや素材のものがお勧めです。 同じことがキッチンにも言えます。数年前に買ったジューサーやブレンダーを、今でも毎日使っていますか?もし使っているのなら、とても素晴らしいことです!そのキッチンツールはあなたにとって必要な物である証拠なので、ぜひ大事に使い続けましょう。もし、もう使っていないのなら、もっとそれを必要としている誰かに譲るといいかもしれません。 今の自分の生活にとって不要な物を除いていくことで、すっきりと気持ちよく生活することができます。同時に、それを必要とする人に譲ったり、寄付したりすることで、物にも再び価値を与えることができるのです。もし売ることができれば、買った時に払ったお金を少し取り戻すこともできますね。 食生活もシンプルがいい ミニマルなライフスタイルは、物を整理することだけではありません。古い習慣をやめて(または変えて)、よりシンプルに、健康的な生活様式にしていくことでもあります。改善しようとするあまり、余計に面倒なものにしてしまいがちなのが食生活。話題の食べ物やダイエット方法、スーパーフードに多くの時間とお金を使ってしまいがちですが、基本はワードローブと同じ。シンプルであるほど価値があるのです。 野菜中心のメニューで、できれば生野菜か生に近いくらいに調理した野菜をシンプルに味付け。塩よりも、バルサミコ酢やワインビネガーなどの各種の酢と、オリーブオイルなどのヘルシーオイルで味つけをするのがベストです。 また、砂糖から得る甘みはできるだけ抑えましょう。糖分カットは健康的なメリットも多いのですが、何より食材本来の甘みを感じられるようになります。 自分にとって大切なものに時間をかける ミニマルなライフスタイルを生きることのメリットは、自分にとって価値のあることにより多くの時間をかけられることです。その「こと」というのは、大切な人と過ごす時間、あなたが情熱を注いでいるもの、健康で満ち足りた気分でいられる状態なのです。 持ちものを減らしたり、物を持ちすぎることをやめると、お金への執着が薄れて、仕事と生活のバランス改善が期待できます。ミニマリストも生活するためにお金は必要なので、仕事を減らそうという訳ではありません。でも、自分にとって価値あるものを知り、そこに注力することは、仕事においてもプラスになるのです。余分なものを持たなければ、大事なことに集中するスペースを作り出すことができるからです。  The Minimalists というユニットを組んで活動しているアメリカのミニマリスト、ジョシュア・フィールズ・ミルバーンの言葉です。「お金を稼ごうとするのではなく、人びとがそこにお金をかけてみたいなと思えるような価値あるものを生み出そう」 人生は案外短く、一度きりです。家族や友人と過ごせるはずだった時間を、仕事に費やしてしまったなんて後で後悔したりはしたくないものです。結局、お金はいつでも稼ぐことができますが、時間を稼ぐことはできないのです。 さて、あなたはどう思いましたか?ミニマリストライフを試してみたくなりましたか?それとも、あなたはすでに立派なミニマリストで、もうその恩恵を受けているところでしょうか。 最後に、ジョシュア・フィールズ・ミルバーンの言葉をもう一つ。 「ミニマリズムは自由を見つけるのを助けるツールです。」    
母の日ギフトガイド | 離れていても愛を込めて

母の日ギフトガイド | 離れていても愛を込めて

今年は多くの人にとって今までとはちょっと違った母の日になりそう。ソーシャルディスタンシングと外出の自粛で、直接会って母の日のお祝いをできない時だからこそ、日頃の感謝のきもちをどう伝えるかは大切です。 例えば、この大変な時期を少しでも快適に過ごすのに役立つアイテムを贈るのはどうでしょう。おそらく多くの人にとっては初めてになるかもしれない今年の「バーチャル母の日」。Boodyなら、肌ざわりのやわらかな竹布が、極上の心地よさを約束するアイテムがたくさん揃っていますよ。   おうち時間充実派のママに 実際のところ、私たちはいま家で過ごす時間が増えているのですが、普段から家で過ごす時間が長いママには、もっと快適な時間を過ごしてもらいたいもの。バラエティーに富んだBoodyウェアなら、#おうち時間が楽しくなるような、程よいフィット感で、やさしく肌に寄り添う素敵なギフトが見つかるはず。 緩やかなラウンドカットが首元をすっきりキレイに見せてくれるロングスリーブ ラウンドネック Tシャツは、まだまだひんやりする春の夜や、梅雨の肌寒い日に最適なアイテム。 ワンピースなどのスカートスタイルに欠かせないエブリデイスリップも見逃せません。Boodyらしいシンプルデザインで、固定長のストラップとアームホールのコラボが、肩まわりをすっきり動きやすく開放的に。シルキータッチの肌ざわりがなめらかで心地よいアイテムです。   ゆったりくつろぐ派のママに 母の日には、いつも忙しいママにはゆっくり過ごして欲しいものですが、今年はいつもより一層心穏やかにリラックスしてもらえたらいいですよね。Boodyのラウンジウェアは、’全身の心地よさ’に注力してデザインされていて、どのアイテムも母の日のプレゼントにきっと喜ばれるでしょう。 グッドナイトシリーズのラグランスリープトップとスリープパンツのセットアップや、スリープキャミとスリープショーツの組み合わせなど、トップとボトムを自由に組み合わせて楽しめる竹布のスリープウェアは、ゆったりくつろぐのが好きなママにおすすめの贈りものです。 行動派のママに 今でも健康的なライフスタイルをキープして、またジムに通える日を待ちわびているママには、Boodyのアクティブウェアが自宅でのワークアウトをサポートしますよ。 幅広のストラップとアンダーバストのリブ編みが程よくフィットするレーサーバック スポーツブラは、ヨガやピラティスなどの軽いトレーニング用に向いています。 ワークアウトコーデの仕上げはアクティブレギンス。内側と両サイドの縫い目が脚のラインを美しく見せ、幅広のウエストバンドがママの肌にやさしく寄り添います。 衣装持ちのママに 「もう着るものはたくさんあるわ」というママへの贈りものは、Boody eギフトカードがおすすめです。Boodyオフィシャルサイトでのショッピングにご利用いただけ、カードはメールで送られますので、失くす心配もありません。エコ意識の高いママなら喜んでくれそう。「eカードなんてちゃんと使えるかしら」と心配ですか?大丈夫。オンラインショッピングのお支払い時に使い方をご説明します。 eカードの残高は、初回ご購入日から12か月間有効で、何度でもご利用いただけます。eギフトカードを他のアイテムと一緒に購入する場合は、eギフトカードの購入価格は送料無料の対象金額に含まれないのでご注意ください。 今年は、母の日をいつもとは少し違う方法で祝いますが、あなたとあなたのママ(またはあなたの人生で特別な誰か)にとって良い日となりますように。物理的な距離が離れていても、心のつながりと愛は何ものにも勝るのですから。 HAPPY MOTHER'S DAY!
おくるみを最大限活用する方法

おくるみを最大限活用する方法

「おくるみのいい使い方はないかしら」「おくるみってどうやって巻くの?」「スワドルっていつまでやるもの?」など、おくるみにまつわる疑問はありませんか?すべてBoodyがお答えします。 おくるみって何のためにある? おくるみを使ったことがなくても大丈夫。最初は誰だって同じ。すでにおくるみを活用している方も、乳児向けのこんな使い方もあったのね!と思うかもしれませんよ。 授乳編 外出先で授乳する時、ベビーが自分の食事に集中するのにおくるみが役立ちます。Boodyストレッチジャージーラップの両端をクリップでシャツの肩あたりで留め(もっと手軽な方法はブラのストラップに挟みこむ!)、ベビーを覆うようにすれば、竹布のやわらかで優しい肌ざわりがベビーに安心感を与えて食事に集中するのを助けます。常に新鮮な空気が流れるように、適度なすき間を空けてあげてくださいね。 げっぷ編 おくるみだからといってベビーをくるむだけではありません。やわらかで、程よい厚みがあって、吸水性のよい生地だから、げっぷさせる時に肩にかけておけば、ベビーがかわいらしいげっぷをした時でも衣服を汚れから守ってくれます。 おしゃぶり・歯がため編 ご存じの方もいるかもしれませんが、おくるみは、ベビーの歯が生え始める、何かを噛みたくなるあの時期にも使えるんです。どうするのか知りたいですよね?簡単です。母乳または一度沸騰させたお湯をキューブ状に凍らせて、Boodyストレッチジャージーラップで包み、生地をねじってキューブを固定します。ベビーは喜んで噛み噛みしてくれますよ。 スワドル編 そして何といっても、おくるみならやっぱりベビーを包みたいですよね。Boodyストレッチジャージーラップは軽くてやわらかな肌触り。伸縮性に富み通気性も抜群です。適度な生地の厚みがベビーに安心感を与えます。この最高に心地よい竹布のおくるみでベビーを包むテクニックをお教えしましょう。 おくるみで赤ちゃんをくるんでみましょう では、さっそくベビーをくるんでいきましょう。 まず最初に、おくるみを広げてひし形に置き、上側の角を4分の1ほど折りたたたみます。折りたたんだ角の上にベビーの背中がくるように、ベビーを寝かせます。※Boodyストレッチジャージーラップを使ってベビーが小さい場合は、生地をひし形ではなく、正方形に置いてください。 次に、ベビーの右腕を下に下ろし、右腕側のおくるみで体を覆います。もしベビーの体がおくるみに対してだいぶ小さい時は、ベビーを体をおくるみの上で転がして包みます。包む時は生地がダブつかないようにしっかりめに包むのがコツですが、おくるみの中でベビーが腰を曲げられるくらいの余裕をもたせてください。 ベビーの左腕を下ろし、おくるみの下側の角を上に向かって折り、左腕が内側にくるようにします。左腕側のおくるみで体を包み、余った生地をおくるみの中に押し込んで固定します。 さあ!これでベビーはウトウトし始めますよ :) どんなおくるみを選んだらいいの? やわらかな肌ざわりで、伸縮性に富む竹布でできたおくるみをぜひお試しください。Boodyストレッチジャージーラップは、オーガニック栽培の竹を原料としており、さらに通気性を高めるためにオープンウィーブ(粗目の織り)で仕上げています。繊細でやさしい肌ざわりながら、繰り返しの洗濯にもよく耐え、変わらず持続する吸収性はベビーアイテムの必需品です。 赤ちゃんをすっぽり巻くスワドルスタイルはいつまでやる? ベビーにとって一番いい時にスワドルスタイルをやめるのがベストです。ほとんどの親は、新生児~生後3,4か月までスワドルスタイルをするようですが、生後6ヶ月や時には9ヶ月くらいまでこのスタイルでベビーを包むこともあります。多くのベビーは、自分のタイミングでスワドルスタイルを嫌がるようになります。 新生児は生まれながらにモロー反射をそなえており、音や光、触覚などの外部刺激に体をピクっとさせたりして無意識に反応します。これはほとんどのベビーの場合、生後4,5か月まで続きます。そのため、あまり早くにスワドルをやめてしまうと、まだモロー反射が強い時は、夜間やお昼寝中のちょっとした外部刺激に反応して起きてしまうことがあります。 ベビーが自分の力でスワドルから抜け出してしまえるようになっても、これは必ずしもスワドルを卒業する時期が来たとは限りませんが、毎回抜け出すようになったのであれば、いったんスワドルをやめて様子をみてもいいでしょう。 これはとても大切なことですが、どんな時も絶対にベビーをうつぶせで寝かさないでください。ベビーが寝がえりを打てるくらいに成長したら、ススワドルスタイルは卒業です。 また、ベビーの安眠のためにスワドルスタイルは有効ですが、ベビーを長時間包みこんだままにはしないでください。自由に手足を動かして、運動機能を発達させてあげることも大切です。   ストアをみる ストレッチジャージーラップ ¥3,100(税別) カラー:ローズ/チョーク/スカイブルー Rated 4.9 out of 5 17 Reviews   Rated 4.9 out of 5 10 Reviews
バレンタイン ギフトガイド ―  彼に彼女にぴったりの快適な竹布の下着を贈ろう

バレンタイン ギフトガイド ― 彼に彼女にぴったりの快適な竹布の下着を贈ろう

今年もやってくるバレンタインデー。恋人がいる人も、大切な人がいる人も、愛を告白するつもりの人も、大切なだれかを特別なギフトで驚かせるチャンス到来!彼に、彼女に、最高の贈りものをするなら、Boodyが最適ですよ。 特別な思いを寄せるだれかに下着を贈ろうとすると、サイズはどうする?デザインは何がいい?気に入ってもらえるのかな?なんて疑問で頭がいっぱい。ロマンチックなつもりが、攻めすぎに受けとられたりしないか心配になる気持ちもわかります。でも大丈夫。ここに、Boodyがいくつかの役立つアドバイスをお届けします。 バレンタインはシンプルな下着で '快適さ' をプレゼントしよう 贈りものに下着を選ぶとき 下着をプレゼントするときに覚えておきたいのは2つ。快適でスタイリッシュであることと、シンプルなデザインで着け心地のいいものであること。 バレンタインにありがちなのは、セクシーなランジェリーを選んでしまうこと。でもこれは、いつでもいい反応が返ってくるとは限らないのです。現実的には、多くの人は着け心地のいいシンプルな下着を愛用しているからです。だから、肌ざわりのいい下着を贈るほうが、より好印象です。特に、贈られた下着が人と環境のことを考えて作られたものだったら、さらに印象的であることは間違いありません。 竹布の下着はだれのため? あなたの大切な人はアクティブ派ですか?竹布でできた下着は、忙しい毎日を送る人に最適なアイテムです。ちょっとした散歩から、長時間のランニングやジムでのワークアウトシーンまで、竹布がもつ通気性と調湿効果は必ず評価されるポイントになります。やわらかな竹布は、肌ストレスを感じにくく、乾燥肌や敏感肌にもやさしい、肌質を選ばないうれしい素材。だれに贈っても喜ばれるアイテムです。 オーガニックの竹から生まれた竹布は人気上昇中の注目素材。そんな竹布アイテムを贈ったら、ハッピーバレンタインは間違いありません! 下着のデイリースタイルを解明しよう だれのハートを射止めたいですか?世に数あるデザインやスタイルの下着の中から、あなたの大切な人にぴったりのものを見つけるのは難しいかもしれません。ぜひ、Boodyの人気アイテムから、あなたの大切な人に最適なものを見つけてください。 キャミボディスーツ – スタイリッシュで洗練されたデザイン  洗練されたおしゃれな女性が好むボディスーツ。着ごこちがよく、何よりやさしく肌に吸いつくようなフィット感が心地いい、やみつきになる人続出のアイテムです。デニムやスカートと合わせると、ウェスト部分のもたつきがなくてすっきり。肌寒さを感じる季節は重ね着のインナーとしても大活躍します。ヒップの冷えが気になる女性に贈ったら、必ず喜ばれるでしょう。   キャミボディスーツ をみる メンズボクサー – 上品な質感と着け心地のよさ 自分と相性のいい下着を探すとき、人それぞれニーズが違うもの。自然な着けごこちがほしいから、生地やフィット感は重視したいところです。多くの男性は、シーン別に下着を使い分けたりしないので、竹布のような十分にストレッチがきいて、着けごこちのいい生地の下着を選ぶことはとても重要なのです。 メンズボクサー をみる クラシックビキニ  – 繊細でフェミニンな印象 あらゆる体型とサイズにしっくりくるのがクラシックビキニ。ミッドライズの履きでヒップをカバーし、なめらかに続くウェストラインが美しいスタイル。毎日身に着けるのに最も適したマストアイテムです。 クラシックビキニ をみる ボーイレッグブリーフ – 快適な着け心地と機能性 ショートパンツスタイルがボーイッシュなフロントと、ちょっと浅履きのウェストラインがフェミニンな、2つの印象をあわせ持つボーイレッグブリーフ。やわらかな竹布の着けごこちがくせになります。 ボーイレッグブリーフ をみる メンズブリーフ – 優雅さと極上のフィット感 普段使いにも、特別な日のドレスアップにも向いているメンズブリーフ。ボクサーよりも露出があるから脚長効果が期待できます。前もも部分のめくれ上がりと無縁のデザインはほどよいサポート力が魅力で、タイトなボトムスとの相性抜群です。 メンズブリーフ をみる シェイパーブラ – まるで羽のようなやわらかさ ふんわり軽くて身に着けていることを忘れてしまいそうなBoodyのシェイパーブラ。ウォーキングやストレッチ、ヨガなどの軽いワークアウト用のスポーツブラとしても使えるすぐれものです。もし旅行を計画しているなら、彼女のスーツケースに、この最高に快適な着けごこちのアイテムをそっと入れてしまいましょう。竹布の調湿機能によって肌が呼吸しているかのような心地よさを体感してもらえますよ。  シェイパーブラ をみる シェイパーパッドブラ – 安心のフィット感と気持ちがあがるブラ スレンダーな人はプッシュアップ効果を楽しめ、大きな胸の人はサポート力を楽しめるシェイパーパッドブラ。多くの男性にとって、ブラを贈りものに選ぶのは難しいものですが、Boodyのブラはデザインがシンプルで、誰からも愛されるベーシックカラーが基本。竹布は伸縮性にすぐれているので、他のブラと比べると、サイズ選びもはるかに簡単なのです。   シェイパーパッドブラ をみる Gストリング – 印象的かつ実用的 出せるところを出すことで、ヒップの自然な丸みを引き出すGストリング。実はとても実用的なデザインで、ショーツのラインをアウターに響かせたくない時には欠かせないアイテムなのです。シンプルな無地の竹布が心地よくて、この着けごこちにハマる人続出中の人気アイテムです。   Gストリング をみる フルブリーフ – レトロシックが新しい フルブリーフの魅力はヴィンテージな雰囲気が漂うハイウェストスタイル。やわらかな竹布の生地と絶妙なフィット感は、ピンナップガールも羨むほど。シェイパーパッドブラとのセットアップは、完璧な一日を始めるためのユニフォームです。   フルブリーフ をみる   あなたが思いを寄せる大切な人への贈りものに、このガイドが役立つことを願っています。今年のバレンタインプレゼントは、彼に、彼女に、ぜひBoodyを贈りましょう。
Boodyラウンジ コレクション -持続可能なルームウェア

Boodyラウンジ コレクション -持続可能なルームウェア

皆さまからのご要望でついに生まれた新コレクション、Boodyラウンジ! 女性が快適に過ごすためのルームウェアとスリープウェア。そのやわらかさ、快適さ、そして環境に配慮したサステナビリティが集約されたラウンジコレクションは、私たちBoodyのテーマであるオーガニックの竹から生まれた竹布で作られています。 昼間のリラックスウェアから、さらっと楽に着たいスリープウェアまで、Boodyのラウンジコレクションなら、もうこれ以外考えられないと言っていただけるほどの快適さを体験することができます。Boodyのリードプロダクトデザイナーである、カレン・アズィズィのインタビュー「Boodyラウンジコレクションが生まれるまで」で、この素晴らしいウェアが誕生したストーリーもチェックしてみてくださいね。 自然な展開 ラウンジコレクション誕生は、Boodyの驚くほどやわらかな肌ざわりの竹布に魅了された、たくさんの方からのリクエストがもとになっています。より快適なスリープウェアを求める圧倒的多数のリクエストを前に、私たちが「ルームウェアやスリープウェアを作ろう」と考えたのはごく自然な展開なのでした。 このゴージャスな竹布のスリープウェアには、これまでBoodyを愛用していた方々が求めるすべての要素が揃っています。 やわらかな竹布を使用 繰り返し洗濯しても雲のようなやわらかさが続く ふんわりと優しい印象の色使い 流行にとらわれないデザイン 他に類をみない快適な着ごこち 呼吸するウェア Boodyラウンジコレクションのために開発された、高品質で耐久性にすぐれ、面倒なお手入れが要らない特別な竹布。上品で高級感のある質感が特長で、優雅なドレープがボディラインをきれいに見せてくれます。たたみジワがつきにくいのもうれしいところ。 竹がもつ天然の帯電防止効果と、低刺激で通気性にすぐれ、竹の恵みを存分に味わうことのできるBoodyラウンジコレクションは、実用的ななかに快適さとスタイリッシュさを持ち合わせています。 やさしい色調 ラウンジコレクションは、やさしい印象で、自然と調和する落ち着いた色味を採用。リラックスタイムにぴったりの落ち着いたやさしい色づかいです。 ナチュラルホワイト 統一感をもたらす温かみのあるホワイト ドーブ 安らぎと静寂を感じさせる青みがかった落ち着いたグレー ダスティピンク 控えめで落ち着いたやさしい印象のローズカラー ストーム 紫、ネイビー、グレーが複雑に混ざり合った色みがコーデに深みを与える印象的なカラー アイテム紹介  リラクシングタイムにぴったりのゆるやかTシャツ&パンツから、ずーっとくるまっていたくなるようなニットラップまで、ラウンジコレクションの各アイテムをご紹介。心地よさとスタイリッシュさを兼ね備えた快適なアイテムばかりです。 グッドナイト ラグラン スリープトップ こんなにやわらかな生地に包まれて眠れるなんて!肩まわりの動きを妨げないラグラン袖のトップスは、軽い着ごこちで、まるでウェアが呼吸しているかのような通気性の良さが快適すぎてクセになりそう。グッドナイト スリープパンツとのセットアップでリラクシングタイムの準備は完ぺきです。 グッドナイト スリープパンツ 流れるようなシルエットが上品なスリープパンツは、くつろぎ時間の究極の快適さのために生まれました。ミニマルなデザインとカラーパレット、さらっと軽やかな生地のパンツは、あなたの健やかな眠りにそっと寄り添います。 グッドナイト スリープキャミ こんなに通気性がよくて、とことんやわらかで快適なキャミトップを着たら、いつでも甘い夢を見られそう。ルーズフィットながらもスタイリッシュなデザインで、ベッドに潜り込む時にも、リビングでくつろぐ時にも様になるキャミソールは、リラクシングタイムの万能アイテム。グッドナイト スリープショーツ や、グッドナイト スリープパンツ との組み合わせでラウンジコーデは完ぺきに。 グッドナイト スリープショーツ 雲のようにやわらかな着ごこちのグッドナイト スリープショーツに出会ったら、もう安眠は手に入れたようなもの。シンプルでミニマルなデザインのスリープショーツには、あなたの眠りを邪魔する要素はゼロ。Boodyラウンジコレクションのどのトップスとも相性がよく、セットアップにすれば眠りの国に旅立つ準備は完了です。 グッドナイト ナイトドレス わたしたちは人生の約半分を寝て過ごすと言われています。だったら、心地よく眠るしかない!グッドナイト ナイトドレスはシルクのようなさらっと軽やかな肌ざわりで、毎晩のおやすみウェアの定番アイテムにぴったりです。アームの開口部を広めにとったルーズフィットと、やわらかなジャージー編みがあなたを夢の国に誘います。Boodyのナイトドレスは、スリープウェアに欠かせない条件の通気性と肌ざわりの良さが特長。足元にチャンキー ベッドソックス をプラスしたら、おやすみ用ユニフォームのできあがり。 ダウンタイムラウンジトップ リラクシングタイムに着るのもいいし、お気に入りのジーンズと合わせてカジュアルスタイルにするのも素敵なトップス。まるでもう一枚の肌を纏っているかのような自然な着ごこちは、オーガニックの竹から生まれた竹布のならでは。質感もとても上品です。広めの襟ぐりが寝る時に窮屈さを感じさせず、ダウンタイム ラウンジパンツと合わせれば、がんばり過ぎずにスタイリッシュでいられるエフォートレスファッションに。 ダウンタイムラウンジパンツ 十分なストレッチで伸びがいいダウンタイム ラウンジパンツ。週末のリラクシングタイムから、ちょっとカフェにお出かけといったシーンまで使える新しい定番アイテムになりそう。ウェストラインからのドレープがきれいなシルエットを演出し、足首に向かって細身になるテーパードラインがスタイリッシュコーデをかたちに。まるでウェアが呼吸しているかのような通気性の良さと着ごこちの良さで、くつろぎタイムもスタイリッシュに。 . コージー ニットラップ オーガニックの竹から生まれた竹布のニットラップは、しっかりした厚みの贅沢ショール。ツートンカラーの最高にやわらかなこのニットラップは、ソファーで横になる時や、ちょっと肌寒い朝のちょい足しあったかアイテムとして活躍してくれます。180cm x 180cmの大判サイズは様々な用途に使える嬉しいサイズです。 チャンキー ベッドソックス 信じられないほどやわらかで快適なチャンキーベッドソックス。くつろぎタイムのために作られた厚手のリラックスソックスです。足を締め付けない履きごこちは、夕方に浮腫みがちな足をやさしく包んで、ソックス痕を残すこともありません。すぐれた通気性と防臭効果、そして天然のやさしい暖かみ。すべての女性にこの心地よさを自分のものにしていただきたい、そんなソックスです。  ​​ リラクシングタイムをみつけよう ​​
Boody Loungeコレクションが生まれるまで

Boody Loungeコレクションが生まれるまで

穏やかでやさしい自分になる用意はいいですか?Boodyの新コレクション、Lounge(ラウンジ)。 やわらかで、シンプルで、ありのままの自分で穏やかにくつろげる理想のルームウェアです。 自分のための時間を過ごす日中から、さらっと気軽なウェアで過ごしたい夜まで、オーガニックバンブー生まれのこのルームウェアはもう手離せないものになりそう。 そもそもどうしてラウンジコレクションは生まれたのでしょうか? このコレクションをもっと理解するために、Boodyのプロダクトデザイナー、カレン・アズィズィ(Karen Azizi)にラウンジコレクションに込められた思いを聞いてみました。 今回どういった思いでBoodyのルームウェアやスリープウェアを手がけたのですか? カレン:ラウンジコレクション誕生のきっかけは、Boodyアイテムのやわらかな手ざわりを絶賛された多くのお客さまから、この手ざわりのルームウェアやスリープウェアを作ってほしいとの数えきれないほどのリクエストをいただいたところから始まりました。Boodyにとって、このコレクションを生みだすことはごく自然なことだったのです。 ラウンジコレクションのアイデアはどこから来たのでしょうか? カレン:私たちにとって最も大切なのは、Boodyが多くの方に愛される、日常に密着したライフスタイル ブランドであり続けることです。新しいことへのひらめきは至る所にありますが、でもまず私は、お客さまが求める原点を大切にしたいと思っています。原点とは、流行にとらわれない、誰もが使いやすい、飽きのこないベーシックなカラーとかたちのウェアや下着のことです。 ラウンジコレクションのデザインは、お客さまからのアドバイスが大きく影響しています。皆さま、快適であることに貪欲で、意見やアイデアをシェアすることにとても熱心なんです。ラウンジコレクションは、極上のやわらかさとシンプルさ、そしてサステナビリティ(持続の可能性)を兼ね備え、年代や流行にとらわれず、それでいて気軽に手を伸ばしやすい。まさにかゆいところに手が届くようなアイテムなのです。 ラウンジコレクションのカラー展開に影響を与えたものは? カレン:春に咲き誇る花々と、早朝のふわぁっとした空の色です。これまでBoodyは基本カラーにモノトーンとヌードベージュを使ってきましたので、流行に左右されないけれどもファッショナブルな新色を生みだすのは新たなチャレンジでした。 ラウンジコレクションをデザインする時に意識したことは? カレン:Boodyのアイテムをデザインする時、私はいつもシンプルさと流行にとらわれない不偏性を意識します。Boodyでは、お客さまに商品を長く使っていただきたいと思っています。だって、Boodyのアイテムは流行を追及してはいないのですから。物を長く使うことは環境にやさしいだけでなく、流行に左右されないアイテムであれば、朝のコーディネートにかける時間も短縮できるメリットがありますね。 ラウンジコレクションのおすすめアイテムは? カレン:ラウンジコレクションのアイテムは、トップスとボトムスを自由に組み合わせられるようにしています。自宅でのリラックスタイムにもいいし、ベッドに潜り込むのにもいいし、ダウンタイム ラウンジトップやダウンタイム ラウンジパンツなら、ちょっとそこまでコーヒーブレイクに行ってもいい。ラウンジコレクションはそんなウェアです。 自身のお気に入りアイテムは? カレン:個人的にはダウンタイム ラウンジパンツとダウンタイム ラウンジトップが気に入っています。とってもやわらかでなめらかな生地が何とも心地よくて、週末はこのセットアップで過ごすのが定番になっています。 ラウンジコレクションに竹の繊維を使うメリットを教えてください。 カレン:竹布には優れた特性がとても多いのです。まずは、そのやわらかな肌ざわりと通気性。もう他のウェアは着られなくなるくらい着ごこちがいいです。さらに、抗菌性と吸湿性にすぐれているので、かぶれが心配な敏感肌にやさしいのも嬉しい点です。特に汗をかきやすい夏の夜には竹布のメリットを肌で感じます。また、就寝時やリラックスタイムをより快適にするために、生地の伸縮性を引き出すジャージ編みを採用しています。 ラウンジコレクションとBoodyの他のコレクションとの相性は? カレン:夜のリラックスタイムにはグッドナイト ナイトドレスをお勧めしたいです。ちょっとドレスだけでは寒いなという時はコージーニットラップを追加で羽織るとちょうどいいです。コージーニットラップは100%竹の繊維からできたニットです。グッドナイト スリープパンツと好きなトップスの組み合わせもいいですね。暑い季節の夜は、グッドナイト スリープショーツとグッドナイト スリープキャミが涼しくてお勧めです。 それと、ラウンジコレクションのボトムスにBoodyのベーシックコレクションのTシャツやタンクトップを合わせるのもお勧めですよ。下着は、ショーツはクラシックビキニ、ブラはシェイパーブラできめれば完ペキ!全身でBoodyのやさしい肌ざわりを体感することができます。 他に何かワクワクするような情報があれば教えてください。 カレン:Boodyの哲学は、皆さまのワードローブに専用のスポットがあるくらいに欠かせないアイテムであり続けることです。次はBoodyのアクティブ コレクションが近い将来にその専用スポットを広げようとしているので、どうぞご期待ください! ラウンジコレクションはこちら >